トピックス

奥久慈清流ライン号の運行に関する最新情報や、沿線で行われるイベントをご案内します。

コンニャクの花

日本三名瀑の一つ「袋田の滝」は、別名「四度の滝」ともいわれており、その由来は、大岸壁が4段に流れることからとも、季節ごとにその趣を変えるためとも言われています。春は新芽の緑と雪解けによるせせらぎ、夏は、虹と光のコントラスト、秋は紅葉、冬は凍結した滝が幻想的です。

 大子は食べ物も豊富で、あゆ料理に加え、ゆば、奥久慈しゃも、それと"ぷるるーん"とした「さしみこんにゃく」などが有名です。大子ゆらり旅でも紹介しました「十二所神社」の境内に、「蒟蒻神社」があります。これは、コンニャクの加工法を開発し、農民から尊敬された中島藤右衛門を祀っています。大子の特産となっているコンニャクですが、もともとは、徳川光圀が朱舜水に命じて中国から種玉を仕入れ、久慈川上流の山間部に移植させたのがはじまりと言われています。

ところで、皆さんはコンニャクの花をご覧になったことがありますか。今回は、コンニャクの花に関する話題です。2012年6月(第154号)からの紹介です。

 ○コンニャクの花

「常陸大宮市野上に住む○○さんの畑にコンニャクの花が咲いた。コンニャクを植えて五年目で、初めて高さ約120センチメートル(地面から)の花が2株から咲き、○○さんは、「いつどんな花が咲くのか楽しみだった。」と話してくれた。」

蒟蒻の花_4439.jpg

 写真提供・サン企画、平成24年5月30日撮影

最近の記事
「水郡線SLヘッドマークデザインコンテスト」の審査結果(事業終了)
「奥久慈清流ライン 乗ってみよう水郡線」児童絵画展の審査結果
「乗ってみよう水郡線」児童絵画展作品募集のご案内(事業終了)
水郡線の旅ホームページをリニューアルいたしました
水郡線の旅ホームページをリニューアルします
水郡線フォトコンテスト審査結果及び巡回展示の開催(事業終了)
水郡線フォトコンテスト(事業終了)
旅の終わりに「水郡線沿線は冬も良いんです」(事業終了)
郵便局・SL運行記念スタンプ(事業終了)
真岡鐵道の寅さん(事業終了)