トピックス

奥久慈清流ライン号の運行に関する最新情報や、沿線で行われるイベントをご案内します。

奥久慈清流ラインを彩る四季の風景

奥久慈清流ラインを彩る四季の風景.jpg

奥久慈清流ラインは、水戸と郡山を結ぶJR水郡線の愛称です。奥久慈の絶景の中を、久慈川の清流に寄り添うように走ることから、「奥久慈清流ライン」と呼ばれています。

今回、(株)常陽銀行様の御厚意により、常陽銀行・東京営業部のウィンドウディスプレイに、奥久慈清流ラインの四季の風景パネルを設置させていただきましたので、近くにお立ち寄りの際にはぜひご覧下さい。(※現在,設置終了)

ここでパネルにもある奥久慈の食について少しご紹介いたします。

 ○あゆ
6月1日の一斉解禁と同時に、久慈川には早朝からあゆ釣りの竿が連なります。夏には久慈川河川敷で、川を一部せき止めて、「あゆのつかみ取り大会」も行われます。あゆは塩焼きのほか、フライ、田楽、さしみなどで食べられ、秋口の落ちあゆまで楽しむことができます。

 ○常陸秋そば
常陸太田市はそばのブランド「常陸秋そば」の産地です。そばは他の品種と混ざりやすく、品種を守るのが難しいといわれており、県が中心になってタネを厳格に管理し、常陸秋そばのブランドを守っております。「常陸秋そば」は、香り、風味、甘みが強いことで全国に知られております。


 ▼ 常陽銀行 東京営業部への地図 (※現在,設置終了)


大きな地図で見る

B:常陽銀行・東京営業部


最近の記事
「水郡線SLヘッドマークデザインコンテスト」の審査結果(事業終了)
「奥久慈清流ライン 乗ってみよう水郡線」児童絵画展の審査結果
「乗ってみよう水郡線」児童絵画展作品募集のご案内(事業終了)
水郡線の旅ホームページをリニューアルいたしました
水郡線の旅ホームページをリニューアルします
水郡線フォトコンテスト審査結果及び巡回展示の開催(事業終了)
水郡線フォトコンテスト(事業終了)
旅の終わりに「水郡線沿線は冬も良いんです」(事業終了)
郵便局・SL運行記念スタンプ(事業終了)
真岡鐵道の寅さん(事業終了)