トピックス

奥久慈清流ライン号の運行に関する最新情報や、沿線で行われるイベントをご案内します。

野上原駅のブロンズ像

水郡線は水戸駅と福島県郡山駅、上菅谷駅と常陸太田駅を結ぶ、総全長130キロのローカル線で、通勤・通学の足として、地域住民にかかせない重要な交通手段となっています。特に、通学については、沿線に県内だけで10数校の高校があり、高校生の大切な交通手段となっています。

今回は、そんな沿線の高校にまつわるお話です。2012年8月(156号)からの紹介です。

 

○JR水郡線「野上原駅」にブロンズ像が設置

「2012年3月31日、42年の歴史を持って閉校した、県立山方商業高校(常陸大宮市野上)の創立20周年記念として同校にブロンズ像「未来への光」が設置されていた。
常陸大宮市が茨城県から譲り受け同校の通学駅として利用していた駅「野上原駅」のロータリーに同校同窓会によって移設された。
このブロンズ像の台座の横には、『「はるかなる眼差し大いなる明日を期待してこの像を設置する』」平成元年6月12日と刻まれてある。」

野上原駅_6314.jpg

最近の記事
「水郡線SLヘッドマークデザインコンテスト」の審査結果(事業終了)
「奥久慈清流ライン 乗ってみよう水郡線」児童絵画展の審査結果
「乗ってみよう水郡線」児童絵画展作品募集のご案内(事業終了)
水郡線の旅ホームページをリニューアルいたしました
水郡線の旅ホームページをリニューアルします
水郡線フォトコンテスト審査結果及び巡回展示の開催(事業終了)
水郡線フォトコンテスト(事業終了)
旅の終わりに「水郡線沿線は冬も良いんです」(事業終了)
郵便局・SL運行記念スタンプ(事業終了)
真岡鐵道の寅さん(事業終了)