トピックス

奥久慈清流ライン号の運行に関する最新情報や、沿線で行われるイベントをご案内します。

水戸「歴史と伝統」の旅

 今日は、水郡線で水戸駅へ戻り、歴史と伝統のまち、水戸を訪ねます。

 天気が良ければ、水戸駅南口からウォーキングがてら、千波湖へ。まずは桜田門外ノ変ロケセットを見学することとします。(バスを利用する場合には、北口バスターミナル「北口6番」でバス(偕楽園行きを除く)に乗車し、「千波湖」で降車。)

○千波湖
千波湖内をウォーキングしたり散歩したりしている人達はたくさん見られます。黒鳥、白鳥、カモ、アヒルなどの鳥達があちらこちらに見られ、子供から大人まで楽しめ、自然に触れることでリフレッシュできる公園です。

千波湖2.jpg

 

○桜田門外ノ変オープンセット(※現在,公開終了)
水戸藩開藩400年記念映画「桜田門外ノ変」に使用されましたオープンセットを見学。
2010年に完成し、その際地元の皆さんもお手伝いに入ったり映画のエキストラとして参加されたりと地元のバックアップもあり映画は完成しました。
記念展示館では、そのときの様子や桜田門外ノ変について関わりのある人物や歴史を勉強できるような資料がたくさん展示されています。
映画の撮影が終わった今は、地域交流のイベントで音楽祭やビアガーデン、歴史を知るための勉強会などさまざまな目的で使われています。

 

 
DSC02115.jpg

 

○好文カフェ
 カフェは観光情報のパンフレットなんかを置いてあって、休憩しながら次の目的地を決めたりなど有効利用のできるカフェになっていて一面ガラスばりなので千波湖を一望できます。オススメはビーフシチューで、そのほかにも日替わりランチや、白鳥型のシュークリームのスイーツと黒ゴマを混ぜて作った黒鳥のシュークリームもあります。

DSC02121.jpg

 

○偕楽園(好文亭)
日本3大庭園のひとつで唯一無料で入れる公園が偕楽園。
一番の盛り上がりを見せる2月~3月には梅、桜が満開でたくさんの人で賑いをみせます。

好文亭は何度か火事になりながらも復旧工事をし、今に至るということでした。去年の震災でも被害にあったということで、工事を重ねやっとのことでまた観光に来るお客さんに来てもらうことができるようになったようでした。日本最古のエレベーター(配膳用)、茶室、展望、トイレ、控え室などいろいろな部屋がたくさんあります。

 偕楽園.jpg

 

○茨城県立歴史館
建物は2階立てで1階の奥が徳川家に由来する絵や書物などが展示してあり、2階には茨城の歴史や、茨城と関係の深い人物の紹介、大日本史、昔に使っていた家電、農機具などの展示があります。音声や映像なんかも充実していてわかりやすく茨城の歴史を勉強できるようになっていて、子供向けにクイズがあったりして楽しみながら勉強ができるよう工夫されています。そのほかにも同じ敷地にある古い建物がたくさんあります。茶室、旧水戸農高、旧水海道小本館、旧茂木家木造、考古資料収蔵庫、民俗収蔵庫などがあり、本館から外へ出ると園内は歩いて散歩ができるような公園になっています。

 untitledo.bmp 

 

水戸の市街地に戻って、時間と体力に余裕があったら、芸術館や弘道館などもおすすめです。 

芸術館.jpg

弘道館.jpg

水戸黄門像.jpg

最後に水戸駅北口に戻って、水戸黄門ご一行にごあいさつ。 

最後は、お土産に定番の・・。

わらづと納豆.jpg

 

 

大きな地図で見る

最近の記事
「水郡線SLヘッドマークデザインコンテスト」の審査結果(事業終了)
「奥久慈清流ライン 乗ってみよう水郡線」児童絵画展の審査結果
「乗ってみよう水郡線」児童絵画展作品募集のご案内(事業終了)
水郡線の旅ホームページをリニューアルいたしました
水郡線の旅ホームページをリニューアルします
水郡線フォトコンテスト審査結果及び巡回展示の開催(事業終了)
水郡線フォトコンテスト(事業終了)
旅の終わりに「水郡線沿線は冬も良いんです」(事業終了)
郵便局・SL運行記念スタンプ(事業終了)
真岡鐵道の寅さん(事業終了)